お問い合わせ

世界各地の拠点

チャットでのお問い合わせ

技術サポート者とチャット

お問い合わせ

ご依頼、ご相談などのメールでのお問い合わせ

Language

We have noticed that you are visiting from North American areas. Would you like to browse the US site (US.DFI.com) for a better experience?

あなたの意見をお知らせください。

簡単なアンケートにお答えください。

フィードバック

*必須フィールド

このアンケートにご協力いただきありがとうございます。ご意見は、公式のウェブサイトを改善し、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することに役立ちます。

フィードバック

あなたの意見は正常に送信されました。 ご協力に感謝します。

閉じる

困難を好機に変えるスマートソリューション

困難を好機に変えるスマートソリューション

DFInsight meetup

8/12/2020 4:09:12 PM

防疫ソリューション

サーモグラフィー・ソリューション

人手不足:体温検知とセキュリティチェック

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックとの戦いでは、スクリーニング装置に対する需要が増加しています、また、公共施設の出入口で人の体温をモニタリングするため、多くの人員が必要としていました。こういった負担を軽減するために、DFIは最近新しいスマート・ソリューションを導入しました。スマートな入口管理で複数の人の体温を瞬時に測定し、異常体温者を自動検出できる、集中型スマートサーマル制御システムです。

複数の人の体温を同時に検知によりトラフィックを最適化

空港や主要駅などの複数の出入り口がある場所について、DFIはハイエンドモデルも提供しています。カメラに複数のエリアを設定し、体温を同時に追跡して、スムーズで人の流れを確約できます。

発熱者を簡単に追跡

このシステムでは、サーマルカメラとIPカメラを1つに統合し、赤外線映像とRGB映像の両方のを同期させています。これにより、発熱状態のスナップショットに体温の読取値が即座にマークされ、システムのデータベースに保存できるため、それに応じたアクションをスタッフに促すこともできます。さらに、顔認証入退管理システムとデータベースを統合し、発熱を検知した人の追跡が可能です。

アプリケーション拡張

このシステムは、顔認識機能を搭載し、将来的にはセキュリティ監視、火災検知などに応用しより安全な保護ネットワークを拡大させることができます。

このスマートなシステムは、短期的な目標としてパンデミック対策に役立つだけでなく、長期的なスマートシティへの道において極めて重要なステップです。

DFIのハイエンドIPCによる自動サーマルスクリーニングおよびアクセス制御

発熱者の検出、記録、アラーム、ブロック

集中型スマートサーマル制御システムは、ハードウェアとソフトウェアの統合、すなわちDFIの高性能IPCとioNetworksの信号キャプチャ技術を基盤として、アクセス管理システムに自動で入り口にロックがかかり、発熱者の建物内へのアクセスを拒否し、外にブロックすることができます。

当社ソリューションの詳細については、関連資料をダウンロードしてください。

パンフレットダウン
パンフレットダウンロード
マニュアルウン
iMage-E マニュアルウンロード
iMage-M マニュアルウンロード
iMage-F マニュアルウンロード

スマートファクトリー

勝ち抜く鍵は:スマートファクトリー

従来の工場では、ほとんど単一目的の専用生産ユニットを設計され、それらに依存する追加の処理がオートメーションによって徐々に時代遅れとなりつつあります。追加されたサービスのコンピューティングコアを最適化することでのみ、AIoTの未来のレベルに応えられる歩留まりを達成できますが、これは必ずしも工場の全面的な改造につながるわけではありません。DFIのAIoTソリューションの主な一つ目標は、スマートファクトリーで利用されている最新のコンピューティングプラットフォームとソフトウェアテクノロジーを採用することで、従来型の生産ラインを維持しながら生産効率を向上させます。

レガシーから未来へ橋を架ける

工場がアップグレードの必要性は、機械が磨耗しているためではなく、更新されたIPC、OS環境、ソフトウェア統合に下位互換性がないためです。互換性のためのアップグレードすることが確かに検討に値しますが、他のオプションもあります。インテルのハイパーバイザーを組み合わせたDFIのIPC更新プランは、すべてのレガシーディバイスとデータ処理プロセスを簡単に移行できるよう確約しています。最新の組み込みコンピューティングプロセッサーを搭載したレガシーディバイスで、AIoTもスムーズに動作し、様々な自動化プロセスを上から下に実装して、製造の効率による最適化ができます。

少ない数でより多くに対応:マルチプラットフォームの統合

生産ライン上の複数の機械が物理的に分離されていることにより、故障率が高くなる可能性があり、別々のOS環境に基づいたこれらの機械はそれぞれに独自のIPCが必要で、同期とメンテナンスの作業が困難になります。DFIの優れたコンピューティングにより、これらのプラットフォームはすべて、インテルACRN™ Hypervisor VMwareテクノロジーを使用して1つの物理的IPCに統合できます。リソースを仮想的に複数の領域に分割することで、例えばRTOSのロボットアーム、WindowsのHMI、LinuxのAOIなど、異なるOSプラットフォームを1つのIPCでシミュレートして、同時に複数の操作を対応できます。

進化をもたらす機械学習

マシンビジョンに基づいた顔認識、物体検出、品質検証は、CPUやGPUなどハードウェアのコンピューティング能力だけでなく、学習メカニズムとの統合にも依存しています。従来のIPCアーキテクチャは、将来のAI環境における機械学習の大きな需要に対応できませんが、インテルのOpenVINO™ディープラーニングオプティマイザーがリリースした後、この問題を解決できます。このツールキットは、様々なアプリケーションで使用されている特定のフレームワークと同期するために訓練されたモデルを使用してハードウェアの実行を最適化し、コンピューター学習曲線を飛躍的に成長させます。

インテルが認めた青写真

DFIはインテルと同じビジョンを抱き、AIoTとAIの普遍性を予測する、包括的なソリューションの設計に取り組んできました。ハイエンド工場のスマート化は避けられない未来のトレンドですので、IPCの更新と最新のインテルのロールアウト組み込みは、スマートファクトリーを成功に導く柱の1つとなります。

インテリジェント型予知保全

物理からサイバーまで、完全性を保証

インテリジェント型予知保全(Intelligent Predictive Maintenance、IPM)は、振動・音、温度測定などのセンサーが収集したデータを分析することにより、すべての製品ラインのリアルタイムの状態を調整します。自動検査にも使用される、技術者が用意した統計情報がメンテナンスの有効性と効率を飛躍的に向上させ、エラーが発生しやすい目視/計器の検出を置き換えることができます。

24時間365日のアップタイムとスマートな管理

インテリジェントなアルゴリズムによって駆動され、デバイス状態の変動が記録され、修理のタイミング、メンテナンス時間をできるだけ早く予測し、詳細な計算とディープラーニングと指標分析による在庫管理を予測できます。事前対策戦略より、突然のシャットダウンを回避し、寿命を延長し、ダウンタイムと全体的なコストを削減できます。

2つのステップを1つに

高価なオンライン測定器に別れを告げましょう。自動仮想計測(Automatic Virtual Metrology、AVM)システムを使用して生産中の自動微調整ができます。AVMアルゴリズムがセンサーデータから各計測値のインデックスを生成し、精度を動的に調整します。このシステムは、遅延したオフラインランダム検査をリアルタイムのオンライン全数検査に変換し、IPMを品質保証の費用対効果の高い代替手段にします。これは半導体、パネル、工作機械などのオフライン検査しか実行できない業界に最適です。

1台で完璧!

生産ラインごとに1台の測定機器を配備する従来の方法とは異なり、ネットワーク機能とサーバーを搭載したAVMシステムは、同じ種類のすべての生産ラインで1台の測定機器を共有できるため、スペースとコストを節約できます。

業界固有のニーズを満たす

DFIの産業用PCにおける専門知識は、1つのシステムに複数のセンサーを設置したり、デバイスとセンサーを同時に駆動させたり、複数の生産ラインで測定機器を共有したりなど、ビジネス固有のニーズを満たす様々なサイズ、I/Oの組み合わせ、パフォーマンスレベルの組み込みシステムを提供します。DFIはiMRCと連携し、生産の自動化を達成し、エラーに起因するコストを削減し、及びインダストリー4.0の次の波を乗り越えて前進することを約束します。

Related Resources