お問い合わせ

世界各地の拠点

チャットでのお問い合わせ

技術サポート者とチャット

お問い合わせ

ご依頼、ご相談などのメールでのお問い合わせ

Language

We have noticed that you are visiting from North American areas. Would you like to browse the US site (US.DFI.com) for a better experience?

あなたの意見をお知らせください。

簡単なアンケートにお答えください。

フィードバック

*必須フィールド

このアンケートにご協力いただきありがとうございます。ご意見は、公式のウェブサイトを改善し、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することに役立ちます。

フィードバック

あなたの意見は正常に送信されました。 ご協力に感謝します。

閉じる
COVID-19 INFO 防疫ソリューション 組み込みコンピューティングでIIoTを使用した予測メンテナンス

組み込みコンピューティングでIIoTを使用した予測メンテナンス

  • Date:
    2020/04/21 17:00 GMT+9
  • Speaker:
    Steven Wu
    開発部部長

機械のエラーを予防することは、産業用IoT(IIoT)市場における主要な課題の1つです。たとえば、低エラー率を達成するためには、産業システム、製造設備、ロボット工学のすべてのメンテナンスが必要です。機械の故障が発生する前に予知することを目的とする予測メンテナンスの戦略は、従来からある状態のモニタリングと高度な分析アルゴリズムの組み合わせに基づいています。機器の故障とシャットダウンによる莫大なコストを避けるため、予測メンテナンスサービスの継続性にとって不可欠であると考えられています。

そこで、DFIの開発部部長であるStevenは、DFIの組み込みコンピューティングソリューションがIIoT時代の予測メンテナンスに適用される方法についてお話しします。以下はその内容の一部です。

  • 処方的メンテナンスと仮想測定とは?予測メンテナンスとは何が異なるのか?
  • 組み込みコンピューターは予測メンテナンス、処方的メンテナンス、仮想測定の中でどのような役割を果たすのか?そのパフォーマンスはアプリケーションにどのような影響を与えるのか?
*必須フィールド
名前(名)* :
{{errors.first('firstName')}}
名前(姓)* :
{{errors.first('lastName')}}
仕事の電子メール* :
{{errors.first('email')}}
電話 :
会社名* :
{{errors.first('company')}}
{{errors.first('validate')}}
サービスのフォームを送信するまたは継続的にサービスを使用することで、当社の プライバシーポリシーに同意したことになります。