お問い合わせ

世界各地の拠点

チャットでのお問い合わせ

技術サポート者とチャット

お問い合わせ

ご依頼、ご相談などのメールでのお問い合わせ

We have noticed that you are visiting from North American areas. Would you like to browse the US site (US.DFI.com) for a better experience?

簡単なアンケートにお答えください。

このアンケートにご協力いただきありがとうございます。ご意見は、公式のウェブサイトを改善し、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することに役立ちます。

あなたの意見は正常に送信されました。 ご協力に感謝します。

閉じる

5G & ネットワーキング

「すべてのインターネット(IoE)」手が届かないところにはありません。

5G & ネットワーキング

「すべてのインターネット(IoE)」手が届かないところにはありません。

概要

5G時代には、RAN(無線アクセスネットワーク)からMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)、そしてEPC(進化したパケットコア)に至るまで、適した5Gアプリケーション環境を構築し、設備投資(CapEx)と事業運営費(OpEx)を最低に抑えるためには、アプリケーションの柔軟性、信頼性、可用性に優れたx86サーバープラットフォームを採用することが理想的です。また、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)の中核的な概念を完全に実現しています。 5Gネットワークは、より大きな帯域幅をもたらすだけでなく、あらゆるモノを接続するための基盤となります。頻繁に変わる5Gの規格や、4Gから段階的に移行する必要性、ミリ波周波数帯(mmWave)によるスモールセル(Small Cell)の急増などにより、5Gベースセルは低コストと高い柔軟性を両立させたソリューションを達成するために、COTS(商用オフザシェルフ)汎用ハードウェアアーキテクチャへの移行を余儀なくされています。エッジコンピューティングとコンテナ技術の台頭により、リアルタイムアプリケーションがクラウドデータセンターからエッジノードに移行できるようになり、端末ユーザーにコンピューティングとストレージサービスを提供するMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)プラットフォームが生まれました。10Gb/sの帯域幅に加えて、「1ミリ秒未満の遅延」というサービス応答時間を実現します。 そして、多くのデプロイメントや様々な屋外アプリケーション環境に対応するために、5Gスモールセルとエッジコンピューティングサーバーには、将来のアップグレード要件を満たせるために、強力なコンピューティング性能が必要なだけでなく、動作の安定性を確約するには、産業グレードの信頼性と耐久性が求められています。過酷な環境に耐えられるハードウェアに加え、OSが故障した場合やソフトウェアの問題で処理に異常が発生した場合に備えて、OOB(アウトオブバンド)操作を実行できるリモート管理システムも必要となります。 「IoE」では、セキュリティとアップロード速度が最優先事項です。あらゆるものがインターネットに接続されるようになると、セキュリティは管理者にとって最も重要な部分になります。5GのセキュリティはWiFiよりもはるかに優れており、当然「モノのインターネット」には最適です。また、IoTエッジデバイスは頻繁にクラウドにデータをアップロードします。現在4Gの平均アップロード帯域幅は8~50Mbpsであるのに対し、5Gは25~100Mbpsと高く、IoTアプリケーションにより適しています。DFI製品はオプションの5Gモジュールにも対応しています。 産業用コンピューターにおけるDFIの豊富な経験は、お客様の様々なアプリケーションシナリオに合わせて製品をカスタマイズできる高い柔軟性を備えています。RemoGuardクラウド管理プラットフォームでは、あらゆるローカル及びリモートデバイスを簡単にモニタリングし、コントロールでき、リアルタイム表示、即時警告、ワンキーリカバリーの機能が統合されています。このため、DFIは5Gの将来的な拡張に最適なパートナーとなります。

DFIを選ぶ理由

産業用マザーボード

多様な産業用の5Gソリューションで異なる過酷な環境に対応

5G時代のスモールセルとエッジコンピューティングサーバーには、高速で簡単な産業用マザーボードソリューションが至急必要とされています。多くの5Gスモールセル及びエッジコンピューティングサーバーは、往々にして比較的過酷でスペースに制約のある環境で展開されます。プロセッサーも広範囲の温度に対応している必要があり、またマザーボードも産業規格に準拠しなければならず、標準的なサーバー製品では決して対応できません。

DFIの産業用マザーボードは、多くの標準サイズをカバーしており、Pico-ITXから、3.5インチSBC、4インチSBC、Mini-ITX、microATX、ATX、EATXまで、多様な従来型製品を提供しており、お客様の様々なニーズに対応しています。また、特定のアプリケーションに合わせて製品をカスタマイズすることにもできます。

#5G product list introduction : https://pages.dfi.com/dfi-5g-supported-product-list

高性能と高可用性を両立させたエッジコンピューティングの主力

DFIは、インテルXeon及びAMD EPYCプロセッサーを組み込んだ産業用マザーボードシリーズを発売しました。市販の商用サーバーに劣らない高性能とや、過酷な環境に対する高い耐久性と可用性を実現しています。DFIのクラウド管理プラットフォームであるRemoGuardとの組み合わせにより、エッジコンピューティングサーバーの運用効率とサービス品質をさらに向上させ、5G時代の新しいユーザーエクスペリエンスを強化します。

また、DFIはインテルAtomとAMD Ryzen組込み型プロセッサーを搭載した小型マザーボードも用意しています。ネットワーク伝送量を増やし、リアルタイム応答が求められるクラウドサービスの高速化を実現するために設計されています。コンピューティング性能を高め、消費電力を低減し、5Gスモールセルへの統合を容易にする豊富な拡張機能とアップグレードの柔軟性を備えています。

リアルタイム画像解析など、人工知能とエッジコンピューティングの組み合わせでは、膨大なデータ演算負荷を処理し、安定した速度と品質を維持する必要があります。また、高性能を実現できる産業用マザーボードにも依存しています。DFIの産業用マザーボードは、高性能と高可用性を備えているだけでなく、PCIやISAなどのレガシーI/Oインターフェースをサポートしています。現在のアプリケーション環境とシームレスに統合でき、お客様の周辺機器における長期的な投資収益率(ROI)を確約します。

システム・オン・モジュール

5G時代のアップグレード頻度に対応

成熟したエコシステムを持つCOM Express、超小型システム向けに構築されたQseven、より強力なマルチメディアアプリケーションに適したSMARCなど、クレジットカードサイズ(85.6×53 mm)の組込みコンピューターモジュール(システムオンモジュール(SOM)またはコンピューターオンモジュール(COM))は、標準的なマザーボードとは異なり、ゴールデンフィンガーインターフェースを介してI/O信号を送信し、サイズを縮小してシステム設計の柔軟性を高めています。拡張やアップグレードのために、システムマザーボード全体を交換する必要はありません。低コストでプロセッサーやその他コアコンポーネントを交換でき、5G時代の頻繁な規格変更によって発生するパフォーマンスのアップグレードにぴったりです。

DFIの組込みコンピューターモジュールは、インテルとAMDの新しい組込み産業用制御のプロセッサーを搭載し、豊富なI/Oインターフェースをサポートすると同時に、優れた性能、多様な選択肢、10~15年の製品ライフサイクル、過酷な動作環境への高い耐久性を備えています。また、DFIは高度にカスタマイズしたサービスも提供しており、お客様によるモジュールやボードの設計及び開発を支援し、市場投入までの時間短縮と開発コスト削減を実現ています。さらにDFIは、お客様による5Gスモールセルへの組込みコンピューターモジュール統合を支援し、実際の概念実証を得ることができました(成功事例:https://www.dfi.com/tw/solution/successstory/50)。

#5G product list introduction : https://pages.dfi.com/dfi-5g-supported-product-list

過酷な屋外環境に耐える高度なコーティング技術

コーティング技術は、プリント基板上に保護剤を塗布して保護膜を形成し、回路基板上の繊細な電子部品を湿気や埃、塩分、高腐食性物質から保護します。コーティング層は優れた誘電特性を持ち、システムの信頼性と安定性を向上させることで、回路基板の寿命を延長し、極端な導入環境にも対応できるようにします。

5Gスモールセルやエッジコンピューティングサーバーは、温度変化、高湿度、過度な埃など、極端な屋外環境に晒される可能性があり、機器に大きな脅威がもたらされることがあります。このような状況に直面しても、高い耐久性と信頼性を実現するために、DFIは電磁干渉を低減し、システムを侵食や湿度、埃から保護するコーティングの付加価値サービスを提供しています。

産業用コンピューター

5G時代の信頼性の高いIoT地域センター

「IoE」は5G時代の究極のビジョンであり、5G規格によって企業が低遅延のプライベートネットワークを立ち上げ、無線信号の死角のない産業用IoT全体を構築することが容易になります。DFIは、完全なI/Oインターフェースと卓越したコンピューティング性能を備え、5GモジュールとSIMカードスロットをサポートする産業用コンピューターシステムのシリーズを発売しています。「モノのインターネット」の中枢に適しており、企業に中断のない産業オートメーションを提供します。

DFIの産業用システム製品は、100%日本製の固体コンデンサーと各種産業用コンポーネントを使用しており、長い製品ライフサイクルと信頼性を備え、過酷な環境や厳しい温度変化にも安定した動作を維持し、中断のないサービスを提供します。

#5G product list introduction : https://pages.dfi.com/dfi-5g-supported-product-list

ロボットのAIコンピューティングパワー

人工知能の普及、産業オートメーションの進化、24時間のグローバル物流の発展により、様々な業界でロボットの需要が急増しています。ロボットは、WiFiの欠点を補う5G IoTアプリケーションの新興分野となっています。よりスマートなロボットには、より信頼性の高いコンピューティングブレインが必要です。DFIの産業用システムは、高性能、完全なI/Oインターフェース、低消費電力、過酷な環境への耐性、堅牢な無線ネットワーク、コンパクトなサイズを備えており、ロボットにより強力なコンピューティング性能、より多様なセンサーとの統合性、異なる環境に耐える耐久性をもたらします。

x86命令セット互換プロセッサーを使用したDFIの産業用システムは、x86エコシステムで長期にわたり蓄積されたソフトウェアリソースを利用でき、ソフトウェア開発時間を短縮し、変化するアプリケーション要件に迅速に対応すると共に、運用効率を向上させ、全体的な使用コストと設備投資支出を削減します。