We have noticed that you are visiting from North American areas. Would you like to browse the US site (US.DFI.com) for a better experience?

簡単なアンケートにお答えください。

このアンケートにご協力いただきありがとうございます。ご意見は、公式のウェブサイトを改善し、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することに役立ちます。

あなたの意見は正常に送信されました。 ご協力に感謝します。

閉じる
成功事例

超薄型で安定性と信頼性、耐衝撃性に優れたEC700-BTが、天吊型配管用レール検査ロボットの構築をサポート

超薄型で安定性と信頼性、耐衝撃性に優れたEC700-BTが、天吊型配管用レール検査ロボットの構築をサポート

天吊型配管用レール検査ロボット

電力、石油・ガス、鉄道輸送、水道、鉱業、水産養殖、港湾、冶金など各種産業から、都市の地下管路、電力トンネル、受・配電所、交通トンネル、鉄道輸送トンネル、発電所の石炭搬送用パレット、工業プラントなど配管用通路の過酷かつ危険な現場で高電圧、電磁波物質、湿気など、主に厳しくてリスクの高い環境下において、天吊型の配管用レール線路内を移動する検査ロボットの役割が多いに期待されます。DFIの超薄型、安定性と信頼性、耐衝撃性に優れたBOXPC『EC700-BT』は、天吊型配管用レール検査ロボットの構築をサポートします。

 

地域:中国

業界:検査ソリューション

アプリケーション:天吊型配管用レール検査ロボット

ソリューション:EC700-BT

 

都市の地下管路、電力トンネル、受・配電室、交通トンネル、鉄道輸送トンネル、発電所の石炭搬送用パレット、工業プラントエリアなどでは、特に原子力発電所の冷却水ループ管の腐食検出などの危険な作業は、現場での人による作業に危険を伴うため、予め敷設された軌道上レール上を移動し、ロボットリフトアーム機能を備えた検査ロボットは、こういった現場では必須の設備となっています。

2011年に設立した某中国企業で、多様なモーションコントロールと人工知能アルゴリズム(AI機能)をベースにした技術で、ソーラーパネル洗浄ロボット、車輪付き検査ロボット、レール検査ロボット、乾燥粉末消火薬剤を投じて消火活動を行う消火ロボットなどを開発してきました。また、これらのロボットは、電力、石油・ガス、鉄道輸送、水道、鉱業、水産養殖、港湾、冶金などの多くの産業で利用されており、これら産業向けのインテリジェントな検査ソリューションを通じて信頼性と経済性の高いソリューションを提供して参りました。

同社の検査ロボットは、あらかじめ敷設された軽量軌道上を移動して指定されたエリアを検査し、高電圧、電磁波物質、湿気などの過酷な環境下でも確実に動作します。これらのロボットは、360°ウェブカメラ2セット、ガス検知センサー、部分放電センサーなどを搭載し、検査エリアの多次元データを取得した後、人工知能(AI)認識アルゴリズムを使用して、検針、故障診断、赤外線画像による分析などを行います。さらに、一元化されたロボット制御・複数台のロボットが接続して遠隔による集中管理、インテリジェントなデータ解析を実行することができ、故障や不具合の早期警告やインテリジェントな無人検査を行うこともできます。

 

高電圧、電磁波物質、湿度などの厳しくてリスクの高い環境下で長期間運用されるため、レール検査ロボットのオペレーティングシステムには、次のような機能が不可欠です。

● ロボットが軌道上を長時間走行し、また走行ルートに起伏が多い場合もあるため、システムの安定性を確保するための耐衝撃性が必要です。また、システムボードにオンボードメモリや強い耐性であるストレージデバイス(mSATAやeMMCなど)を搭載させてシステム全体の信頼性を向上させる必要があります。

● 軌道の磨耗を減らすため、検査ロボットは可能な限り小型化・軽量化する必要があり、放熱能力を備わることも重要であります。また、プロセッサーの消費電力が少なければ少ないほど、バッテリーの長寿命に寄与することができます。

● 多数の機械装置や多様なセンサー機器と接続するため、RS-232/422/485に対応するCOMポートやUSBポートを十分な数を装備しております。

● 産業分野で必要とされる広範囲電圧(例えば、9~36V DC)、多様な無線ネットワーク拡張機能(WiFi/3G/4G/GPRS)、モバイル通信用SIMカードが必要です。これらすべて条件、検査ロボットにとり必須な仕様条件となります。

EC700-BT

弊社(DFI)の『EC700-BT』が選ばれた理由として、ロボット向け組み込みシステムが求められる振動に強いオンボードメモリ、mSATA SSD、超薄型の本体設計、多数の拡張ポート(COM・USB)、PC本体の重量が800gという軽さ、さらに、オンボードCPUにかかる低消費電力を兼ね備えているところをお客様に評価をいただきました。

また、配管用レール検査ロボットの筐体内において、狭い空間内の放熱要件にも対応しており、お客様が求める制御コンピューティングの仕様条件をクリアすることができました。

当該EC700-BTモデルは、メモリのデータ整合性保護のため、データ破損を防ぐ・エラー検出し修正する機能(ECC)をサポートするモデル品もご提供できます。さらに、インテルIOTGの製品スケジュールによると、EC700-BTに採用されているプロセッサーは2028年第1四半期までの長期供給が見込まれますため、製品開発段階中でのキーパーツ部品の在庫切れの心配がなく、お客様の長期な開発プロジェクト向けに適しております。

天吊型配管用レール検査ロボットや、棚と棚間の移動レール車であっても、DFIの『EC700-BT』や最新モデル『EC700-AL』とともにお客様にとって最適なコンピューティング・ソリューション製品としてご提供いたします。